寄付する 
2021.07.02

【資料集】社会福祉協議会の方向け

「いいね」やシェアで応援する:

本ページでは、宮崎県三股町のモデル事業「みまたん宅食どうぞ便」の紹介動画や資料、他の社会福祉協議会が行う事業の紹介や、アウトリーチ事業のポイントを解説した記事などをまとめています。

1.宮崎県三股町の「みまたん宅食どうぞ便」について

(1)事業説明動画(約23分)

アウトリーチ型事業を始めようと思ったきっかけ、普段の宅食の活動の様子、ご家庭とのやりとりで大事にしていること、事業にかける思いを聞きました。

>>「宮崎県三股町のみまたん宅食どうぞ便の紹介」PDF資料はこちら

(2)アウトリーチの必要性の解説記事

こども宅食で「見えない”つらい”を発見する」には何が必要か?NPO法人OVAの先行研究に学ぶ

(3)事業視察報告・関連記事

みんなが無理なく、ちょっとずつ。多彩な地域プレーヤーが連携する新規事業

「外から見えない”つらい”を見つけたい」難題に立ち向かうアウトリーチの最前線

「こども宅食で幸せをもらった。いつか自分も誰かに幸せを贈りたい。」ー利用家庭へのインタビューから見えてきたことー

(4)みまたん宅食どうぞ便のWebサイト

デザイナーを起用して作成したWebサイト。利用申し込みのWebフォームも実物が見られます。

>>みまたん宅食どうぞ便のWebサイトはこちら

(5)「ボランティアとどう連携するか?」セミナー動画

2021年4月に、「定期的なアウトリーチ型事業で”非専門職” のメンバーが担う重要な役割とは」とのテーマで、「みまたん宅食どうぞ便」の三股町社協と、江戸川区児相と連携し「おうち食堂」を実施するNPO法人バディチームを講師にお呼びし、事例セミナーを実施。

「事業で目指す利用家庭の変化」、「訪問員に求められる資質」、ボランティア研修の内容などについて深堀りしていきます。

▼会員専用配信となるため、ご希望の方は以下からお手続き下さい(いずれも無料です)

>>【宅食実施団体の場合】全国ネットワーク登録(リーダー会員)

>>【実施団体でない場合】研修等のお知らせ登録(フレンズ会員)

2.「食品の保管や梱包」に関するよくあるQ&A

「梱包や配送作業はどれくらいかかるのでしょうか?」「各地の事業では冷蔵品などは扱っているのでしょうか?」など、事業立ち上げ時、食品の保管や梱包に関してよくある質問について以下にまとめました。

>>回答はこちらをご覧ください(PDF)

 

3.全国の社会福祉協議会が事務局のこども宅食について

 

(青森県)青森県社会福祉協議会「こども宅食おすそわけ便」
市町村協議会が運営母体となり、①青森市②五所川原市③八戸市・階上町④三沢市の4箇所で実施
【形式】パントリー(来所型)とこども宅食(配送)の併用
【開催頻度】①ー④のうち毎月どこか2カ所で開催
【支援世帯数】1ヶ月に約600世帯
【見守り強化事業受託】五所川原市・三沢市

<問い合わせ先>
社会福祉法人 青森県社会福祉協議会 電話 :017-723-1391 担当 :葛西(かさい)
Webサイト

 

(東京都)大田区社会福祉協議会「ほほえみごはん」事業

【形式】こども宅食(配送)とパントリー(来所型)の併用
【開催頻度】2週間に1回
【支援世帯数】35世帯(人口約71万6千人)
【財源】独自

<問い合わせ先>
社会福祉法人 大田区社会福祉協議会 担当 :久保・後藤・前田 電話 :03-3736-5555
Webサイト

 

(奈良県)吉野町社会福祉協議会「もぐハグ便」

子育てをする中で様々な大変さを感じている家庭に、月1回無料で食材等をお届け。
【形式】こども宅食(配送)
【開催頻度】月1回
【支援世帯数】32世帯(人口約6500人)
【財源】あり

<問い合わせ先>
社会福祉法人 吉野町社会福祉協議会 担当:笹部・福本 電話:0746-32-8978
Webサイト

 

(奈良県)平群町社会福祉協議会「COCORO便」

コロナ禍でちょっとしんどいなと感じる子育て家庭、ひとり親家庭等に宅食を実施。
【形式】こども宅食(配送)
【開催頻度】月1回
【支援世帯数】30世帯(人口約1万8千人)
【財源】一部行政より委託金あり

<問い合わせ先>
社会福祉法人 平群町社会福祉協議会 担当:総務地域福祉係 電話:0745-45-5710
Webサイト

 

宮崎県のこども宅食

三股町社協が中心になり、日南市、えびの市、国富町、高鍋町、都農町、高千穂町の6箇所の社会福祉協議会にこども宅食の立ち上げをサポート。
【形式】こども宅食(配送)
【開催頻度】月1回

三股町「みまたん宅食どうぞ便」
【支援世帯数】70世帯(人口約2万5千人)
【財源】見守り強化事業

日南市「日南っこ宅食」
【支援世帯数】◯世帯(人口)
【財源】

えびの市「田の神さぁの贈りもの」
【支援世帯数】16世帯(人口約1万8千人)
【財源】事業運営費の1/2は市の補助金、他自主財源。(自主財源は、寄付金または共同募金等)

国富町「宅食くにとみつむぎ便」
【支援世帯数】20世帯(人口約1万9千人)
【財源】独自(共同募金配分金での運営)

高鍋町 高鍋町宅食「お膳部」
【支援世帯数】23世帯(人口約1万9千人)
【財源】独自(赤い羽根共同募金、寄付金等)

都農町 「つのんお福分け」
【支援世帯数】21世帯(人口約9700人)
【財源】独自(行政からの委託金などなし)

高千穂町「おむす便」
【支援世帯数】12世帯(人口約1万2千人)
【財源】独自(行政からの委託金などなし)

 

「いいね」やシェアで応援する:

JOIN US応援団の活動に参加しませんか?