寄付する 

『スノーピーク』から新潟県魚沼産コシヒカリ300kgの寄付を頂きました

「いいね」やシェアで応援する:

定期的な食品のお届けをしながら、経済的に厳しいご家庭と繋がりを保つこども宅食の事業では、企業等からいただく食品のご寄付が必要不可欠となっています。

この度、アウトドア製品の製造・販売等を行う株式会社スノーピークより、新潟県十日町市で栽培されたお米(魚沼産コシヒカリ)を、計300kg寄付頂きました。

このお米は、こども宅食応援団を通じて、東京・新潟・佐賀のこども宅食7団体に届けられます。

株式会社スノーピークは1958年、“ものづくりのまち”新潟県三条市にて創業された、「自然と人、人と人をつなぎ、人間性を回復する」ことを社会的使命とするアウトドアメーカーです。キャンプ用品、アパレルの開発・販売に加え、地方創生等にも取り組んできました。

今回の取り組みでは、「コロナ禍の中で、困難を経験しているご家庭の方々に、美味しいお米で笑顔になってもらいたい」という思いから、新潟県が誇る魚沼産コシヒカリをお届けします。

 

寄付内容

・新潟県魚沼産コシヒカリ「大地の米」300kg

パートナーシップの仕組み

今回の取り組みでは、株式会社スノーピークから、こども宅食応援団を通して、全国各地の「こども宅食」を行う団体へ、計300㎏のお米が寄付されました。

お米は、NPO法人 越後妻有里山協働機構(新潟県十日町市)が棚田保全の一貫で十日町市の棚田で生産した魚沼産コシヒカリ「大地の米」です。 

この取組は、社会課題の早期解決を目指す株式会社Ridiloverのプロデュースで行われ、企業が架け橋となり、困りごとを抱える家庭と、農村地域の課題の両方にアプローチする取り組みとなっています。

 

株式会社スノーピークについて
1958年、“ものづくりのまち”新潟県三条市にて創業したアウトドアメーカー。「自然と人、人と人をつなぎ、人間性を回復する」ことを社会的使命とし、キャンプ用品、アパレルの開発、国内外での販売のほか、地方創生、ビジネスソリューション等、幅広い事業を展開する。大自然に抱かれた約5万坪のキャンプ場を擁する本社「HEADQUARTERS」を構える。コーポレートメッセージは「人生に、野遊びを。」
ウェブサイト:https://www.snowpeak.co.jp/

 

NPO法人 越後妻有里山協働機構について
NPO法人越後妻有里山協働機構は、「大地の芸術祭」で生まれた作品や施設、プロジェクトを通年事業として運営し、越後妻有を魅力ある地域にしていくために設立されました。また、高齢化により担い手のいなくなった田んぼをできる限り多く引き受け耕しながら、都市と地域の交流を広げる「まつだい棚田バンク」にも取り組んでいます。
ウェブサイト:https://www.echigo-tsumari.jp/about/organization/

 

株式会社Ridiloverについて
リディラバは、「社会課題をみんなのものに」をスローガンに、社会課題の早期解決にチャレンジしています。越後妻有地域ではこれまで、首都圏企業の研修旅行や、移住促進のためのツアー事業等を実施しています。
ウェブサイト:https://ridilover.jp/

 

「いいね」やシェアで応援する:

JOIN US応援団の活動に参加しませんか?