寄付する 

「家にサンタさんが来てくれたのは初めてです」全国各地のこども宅食クリスマス配送の様子をご紹介!

「いいね」やシェアで応援する:

毎年、多くの子ども達が心待ちにしているクリスマス。

大人たちも、子どもたちの笑顔を思い浮かべながら、クリスマスの過ごし方やプレゼントなどを考えながらワクワクする時期です。

全国のこども宅食団体でも、地域の子どもたちや親子の笑顔を思い浮かべながら、様々なクリスマス企画を行いました。

各地で様々な取り組みを行った2021年のクリスマスの様子をご紹介します!

大好きなケーキやお菓子のプレゼントに、子どもたちの笑顔はじける

徳島県徳島市で活動する「クレエール子ども食堂宅食便」では、月に1回、こども宅食を実施しています。

冬休みで給食がお休みになり、出費も増える年末年始には通常の12月配送に加えて、クリスマスに1回、冬休み応援で2回の追加配送を行い、計4回の「こども宅食」をお届けしました。

こども宅食応援団からの提供物品や、協力企業、スーパーから物品のご支援をたくさんいただき、さらに地元の生産者さんからの生鮮野菜や果物もたくさん提供いただきました。

 

思いの詰まったたくさんのプレゼントは、お子さん1人では持ちきれないほど!

お届けに行ったご家庭からは、以下のようなあたたかい感想をいただきました。

【ご家庭からの声】
「家にサンタさんが来てくれたのは初めてです。帰られた後、子どもがとても喜んでおり、感謝しています。いろいろなお菓子が一杯入った袋を開けて、並べたり、また詰めたりして楽しんでいます。ブックサンタさんからの本を読んだり、付録の折り紙工作も楽しんでいます。本当にありがとうございました。」

 

香川県小豆郡小豆島町・土庄町で活動する『子ども宅食「アジール」「ポコアポコ」』では、クリスマス配送を通じて、普段はあまり表情を見せないお子さんが笑ってくれたり、ひとり親家庭の親御さんが「お金がなくて、ずっと子どもたちに我慢ばかりさせてるから……」とご家庭の状況をスタッフに伝えてくれたりと、新たなコミュニケーションが生まれました。

利用家庭の中には、お昼ご飯をほとんど納豆だけで済ませているご家庭もあります。

そんな日常の大変さを忘れて、たくさんの品物に囲まれてほっこりする瞬間や笑顔になるひと時が、子どもたちの心に素敵な思い出として残っていくことを願います。

 

宮崎県都城市で活動する「みやこのじょうこども宅食」もクリスマス特別版の配送を実施。

頂いた寄付を活用して購入したクリスマスケーキや、こども宅食応援団を通じて提供したコフレ等をお届けしました。

思わぬサプライズに、お渡し時に涙を流される親御さんも……。

仕分け作業も大量にあり、ボランティアの皆さんは連日遅くまでご協力を頂きましたが、親子を支えることが出来た1年の締めくくりとなりました。

【ご家庭からの声】

・たくさんのご支援を頂きほんとうに助かりました。ケーキやたくさんのクリスマスプレゼントまで!今までのご支援心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

・下の娘がメッセージとお手紙をみてすごく喜んでいました!さっそくなにやらかきこんでいました。ありがとうございました♪

 

佐賀県伊万里市で活動する「伊万里子ども未来どこでも食堂」でも子どもたちへのプレゼントを贈りました。

宮崎県三股町で活動する「みまたん宅食どうぞ便」や長野県長野市で活動する「こども宅食 えんまる便」からも、お菓子に関する感想がたくさん届きました。

【ご家庭からの声】

・子どもがとても喜んでいました。どんなお菓子が入っているのかワクワクしながら一つ一つ取り出していく姿がとても楽しそうで私も見ていてほっこりしました。素敵な贈り物をありがとうございました。娘と美味しくいただきたいと思います。

・主食以外のものはなかなか手が出ず買えません。とても嬉しいです。

 

佐賀県唐津市で活動する「かがみこども宅食」や「ハッピーキッズ」のこども宅食を利用されるご家庭からも、たくさんのプレゼントを喜ぶ声が届きました。

また、子どもたちが「僕、コレと、コレ!お姉ちゃんはコレとコレ!」と選ぶ喜びや、分け合う優しさにも、触れることができました。

お子さんだけでなく、普段頑張る親御さんにもプレゼントを

佐賀県唐津市で活動を行う「Lihi Terra」では、クリスマスに合わせてお子さんが喜ぶレゴブロックのおもちゃやお菓子、親御さんが喜んでいただけるようなコフレをお届けしました。

お届け時に「レゴ楽しみ!」と喜ぶお子さんの声や、お母さんが「こんなものもいただけるんですね」と感激される様子に胸が温かくなりました。

 

また、普段の食費にお金がかかってしまい、子どもたちが欲しいと言ってもスナック菓子を買うことができないご家庭もいらっしゃり、お菓子のプレゼントはとても喜ばれていました。


コフレを見たお母さんたちは、まさか自分にもクリスマスプレゼントがあるなんて思っていなかった様子で、本当に良い笑顔で喜ばれていました。

 

熊本県全域で活動を行う「てとてとておたがいさまBOXプロジェクト」では、ひとり親家庭に向けてクリスマス配送を実施。

親御さん自身も普段ご自身のケアやお化粧を我慢しているご家庭が多く、「こんなの(ケア・化粧品)が頂けるんですか~嬉しいです!」という声をたくさんいただきました。



大阪府松原市・大阪市で活動している「やんちゃま弁当」では、宅食弁当と並行して「親子に笑顔のおすそわけ まつばらフードパントリー」を実施し、コロナ禍の中、のべ4000件以上のご家庭にお届けを実施しています。

クリスマス配送では、食料や食材に加え、子育てに必要なミルクやオムツ、クリスマスのプレゼントもお届けしました。

最近は、お弁当をお届けしたご家庭から感謝の気持ちを綴ったお手紙をもらったり、なにか困り事があれば「やんちゃまさん」と思いだしてくれることもあり、スタッフも温かい気持ちになりながら、コロナ禍の親子を支えるために日々の支援に取り組んでいます。


まだまだ先の見えないコロナ禍。様々な事情を抱え、不安な毎日を過ごしているご家庭も増えています。

そんな中でも、寄付で応援してくださる皆さんのおかげで、2021年も全国のご家庭にクリスマスのあたたかくて楽しい思い出を届けることができました。

各地でお届けされたクッキー・スナック菓子・チョコを始めとするお菓子やブロック玩具、化粧品のギフトセット、マスクは、明治グループ様、カルビー株式会社様、株式会社ローソン様、レゴジャパン株式会社様、一般社団法人 バンクフォースマイルズ様などから、こども宅食応援団を通じて各地にご寄付をいただき、ご家庭へお渡しすることができました。心温まるご寄付に感謝申し上げます。

こども宅食応援団では、全国各地のこども宅食実施団体への立ち上げ支援や、ノウハウや物資提供などの伴走支援を行うことで、「こども宅食」の取り組みを全国に広げる活動を行っています。

こども宅食への食品の提供やご寄付は、こちらからお問合せください。

>>食品提供等のお問合せ
>>ご寄付はこちらから

「いいね」やシェアで応援する:

JOIN US応援団の活動に参加しませんか?