寄付する 

全国のこども宅食モデル団体を緊急サポート!新型コロナウイルス状況下で困難を抱える子育て家庭を支援するプロジェクトが始まりました

「いいね」やシェアで応援する:

一斉休校によって困っている困窮家庭の親子がいる

2020年、日本では東京オリンピックを心待ちにするなか、突如現れた新型コロナウイルス感染症。外出自粛や、全国の小中学校の一斉休校など、人々の生活を一変させています。

子育て家庭では、小中学校の休校に伴い給食がなくなり、食費の心配や食事の準備の負担が増えたり、子どもを1日中留守番させることへの心配など、子育て家庭ならではの影響も多くあります。
特に、こうした有事においては、「こども宅食」を提供する就学援助世帯やひとり親世帯等、経済的に厳しい状況にあるご家庭に対して、日々の食事への負担を軽減したり、孤立を防ぐことが必要です。

“部屋の床が見えないほど物が散らかった家、抱き上げると驚くほど体重が軽い幼児、「水道やガスが止められるのが怖い。眠れない」
(2020年4月7日西日本新聞より)”

 

”『学童に預けるには昼食が必要だが、夏休み並みに長い休みだとお弁当を作るのも負担です。学校給食だと就学援助で賄われるのに出費が膨らみます。』
2020年3月長崎市版こども宅食「つなぐBANK」アンケート調査より)”

 

「こども宅食」では、そんな子育て家庭の食事を支えたり、家庭の様子を見守るなど、「届け、つながり、つなげる支援」をしているからこそできることがあります。

「こども宅食応援団」では、食品や物品の配送を通じて子育て家庭に支援を届ける「こども宅食」を全国に広める活動を行っています。

認定NPO法人フローレンスが「新型コロナこども緊急支援プロジェクト」を開始

このたび、親子や子育ての社会課題に長年取り組み、こども宅食応援団の運営事務局も務める認定NPO法人フローレンスが「新型コロナこども緊急支援プロジェクト」を開始し、本プロジェクトに寄せられる寄付金の一部が、全国のこども宅食事業の支援活動強化のために使用されることになりました。

具体的には、新型コロナウイルスによる影響を受けている親子への緊急支援を行っている団体、および、フードバンクや子ども食堂のうち「こども宅食」モデル(宅配型)で緊急支援を行う団体など、全国10以上の団体にフローレンスから助成を実施します。
こども宅食応援団は、このプロジェクトで助成を受ける団体の選定、ノウハウの提供を行います。

「宅配型」の緊急支援を行うことで、経済的に厳しい子育て家庭に直接つながり、地域で孤立するリスクを防ぎます。困りごとのあるご家庭については、さらなる支援につなぐことが可能になります。

この緊急時だからこそ顕在化する親子の”つらい”も、利用世帯と直接繋がりをもつ「こども宅食」は気づき、支援を届けることができます。

親子の”つらい”を見逃さない社会の実現を目指し、こども宅食応援団は活動してまいります。

#すべての親子を置き去りにしない !「新型コロナこども緊急支援プロジェクト」
※以下、本プロジェクトでの支援活動ののうちこども宅食に関する一部のみ抜粋 

主催:認定NPO法人フローレンス
※こども宅食応援団は、こども宅食モデル事業者への助成先の選定をサポートします寄付で支援を届ける支援先
:経済的に不安定な子育て家庭(食品宅配やこども食堂などを運営する全国支援団体の利用者)

支援内容
:こども宅食モデルなど、食で子育て家庭支援をする全国団体の活動促進。ひとり親世帯・生活保護世帯、就学援助対象世帯、その他介護・病気・失業などで経済的に困窮し支援が必要な世帯や、見守り型支援が必要な家庭(全国)への、宅配型支援活動を強化します。コロナ関連の緊急支援を行っている団体、および、フードバンクや子ども食堂のうち「こども宅食」モデル(宅配型)で緊急支援を行う団体など、全国10以上の団体に助成を実施します。
「宅配型」の緊急支援を行うことで、経済的に厳しい子育て家庭に直接つながり、地域で孤立するリスクを未然に防ぎます。また、困っている家庭を次の支援につなぐことが可能になります。

※こども宅食とは、就学援助世帯など経済的に厳しい子育て家庭に、定期的に食品をお届けしながら、ご家庭とつながりをもち、地域や社会からの孤立を防いでいく取り組みです。2017年文京区からスタートし、現在「こども宅食応援団」が全国に活動モデルを広げる活動を推進しています。フローレンスは、こども宅食モデルを全国に拡げる活動を担う「一般社団法人こども宅食応援団」の事務局運営事業者です。

使途の詳細
:食を通じて子どもの貧困課題に取り組む全国各団体への助成費

プロジェクトの詳細はこちら

こども宅食応援団のHPやSNSでは、ノウハウ提供した団体の活動情報もお知らせします。
ぜひフォローよろしくお願いします!

Twitter @takushoku_ouen
Facebook こども宅食応援団
メルマガ申し込み

「いいね」やシェアで応援する:

JOIN US応援団の活動に参加しませんか?

メルマガ登録・SNSはこちら