寄付する 
2020.08.17

こども宅食応援団初のアニュアルレポート(年間活動報告)が出来上がりました!

「いいね」やシェアで応援する:

2018年10月に「こども宅食応援団」を立ち上げて約1年半。

これまでの活動をご報告する、応援団初の「アニュアルレポート(年間活動報告書)」が出来上がりました!

こども宅食応援団をご支援いただいているみなさんに、これまでの活動と感謝をお伝えし、全国各地へのこども宅食の広まりを感じていただけるよう作成いたしました。

アニュアルレポートのデザインを担当してくれたのは、NPO法人Co.to.hanaさん。

こども宅食応援団のモチーフとなる「旗」や「スプーン」などを随所に散りばめて、かわいいデザインを作ってくださいました。

2018年度・2019年度・2020年度(7月下旬まで)にガバメントクラウドファンディング(ふるさと納税)でご寄付くださったみなさん(※郵送での活動報告をご希望された方)には、アニュアルレポートを郵送しております。

申込時に郵送不可にしていた方で、アニュアルレポートの郵送を希望する方はお問い合わせください。
問い合わせはこちらから

アニュアルレポートはこちらからもご覧いただけます。

 

こども宅食応援団では、みなさんから頂いたご寄付を原資に活動を行っています。

普段の活動や全国のこども宅食の様子をお知らせすることはもちろん、みなさんのご寄付がどのように事業を支え、全国のご家庭につながっているのか、誠意を込めてご報告してまいります。

今後もHPやSNS、アニュアルレポート等で報告してまいります。ぜひフォローよろしくお願いします!

Twitter @takushoku_ouen
Facebook @takushoku.ouendan
Instagram @kodomotakushoku
メールマガジン 

こども宅食応援団は、全国に「こども宅食」の輪を広げるため活動を進め、これまでに全国19団体ものこども宅食の立ち上げ支援や事業実施のサポートを行ってきました。

また、今年5月には、国の第二次補正予算にこども宅食が含まれ、各自治体がこども宅食モデルの支援に取り組みやすくなりました。先日開催したこども宅食に関する勉強会では、100名以上もの自治体関係者や社会福祉協議会が参加し、すでにこども宅食実施に向けて検討を進めている自治体もあります。

こうした活動ができるのも、みなさんのご支援があってこそです。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、職を失ったり収入が激減したことで、今日明日の食事にも困っているという親御さんからのSOSもありました。

また、密集・密接の状況が生まれやすく、運営が困難となっている「こども食堂」などに代わる支援としても、個別に食品を届けるこども宅食は有効です。

今後さらに、全国的にこども宅食のような支援の需要は高まっていきます。私たちは、引き続き全国でのこども宅食の立ち上げ・伴走支援や行政への提言活動に注力していきます。

 

今年のふるさと納税の目標額は、3,000万円。

経済的に厳しい子育て家庭や、孤立してしまい困りごとを誰にも相談できないでいるご家庭をサポートできるこども宅食を全国に普及させるため、ぜひ引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。

こども宅食応援団へのふるさと納税はこちらから

≪訂正情報≫※初版の印刷にて下記の誤植がございました。お詫びして訂正いたします。

P3・P5 誤)兵庫県播磨市 正)兵庫県播磨地域

P6 誤)2018年度財務報告 正)2019年度財務報告

   誤)※継常外なし 正)※経常外なし

また、オフィス移設のため佐賀事務局の所在地(P6掲載)は以下の通りになります
840-0824 佐賀県佐賀市呉服元町2-15 COTOCO215

 

「いいね」やシェアで応援する:

JOIN US応援団の活動に参加しませんか?

メルマガ登録・SNSはこちら